大阪で一般貨物(トラック)・一般貸切(バス)の許認可申請手続きでお困りではありませんか?

〒550-0012 大阪市西区立売堀1-1-5 本町ギボービル5階
大阪メトロ 
四つ橋線・中央線 本町駅21番出口から徒歩約2分、御堂筋線 本町駅15番出口から徒歩約4分

お電話でのお問合せはこちら
06-6556-6821
受付時間
9:00~18:00 
定休日
土曜・日曜・祝日

メールでのお問合せはこちら!

会社設立して運送業される方

会社設立(独立・起業)して運送業許可取得のご相談・ご依頼もよくあります。

株式会社設立について

(1)会社設立の進め方

①基本事項のご検討

a:発起人

b:商号(社名)

c:事業目的(ご商売の内容)

d:本店所在地

e:公告の方法

f:資本金

g:発行可能株式総数

h:1株あたりの価額

i:設立取締役

j:決算日

k:運営方法

 

などがあります。お決め難いこと、ご不明な点がございましたら、ご相談ください。

 

②必要な許認可のご確認

貨物運送業されるには、運輸局から一般貨物自動車運送事業の許可を受けることが必要です。
そのほか事業・ご商売によっては、役所への許認可、届出が必要となるものがありますので、設立後必要となる許認可についてあらかじめ確認を行っておきます。

 

③会社印をつくる

会社印には、契約書など重要な書面に使用する「会社実印(代表取締役印)」、銀行口座開設に使用する「銀行印」、請求書、領収書、見積書などに使用する「角印」などが必要です。

また、会社名、会社の住所、電話番号などが記載されたゴム印も同時に作成されたほうが何かと便利です。

 

④定款の作成

「会社の規則集」とも言える会社経営全般に関する基本事項を定めたもので、全ての会社に作成が義務付けられています。

 

イ:絶対的記載事項<必ず記載が必要>

a:商号(社名)

b:事業目的(事業の内容)

c:本店の所在地

d:設立に際して出資される財産の価額または、最低価額

e:発起人(資本金の出資者)の氏名・住所

 

ロ:相対的記載事項<記載することで法律的な効力発生>

a:現物出資(土地・車・建物など)がある場合には現物出資する人の氏名・財産名・価格など

b:株式の譲渡制限

c:取締役の任期延長条項

d:設立時の取締役・監査役・会計参与

e:取締役選任についての累積投票の排除

f:資本金

g:株式の内容・発行事項

 

ハ:任意的記載事項<法的効果はないが、会社経営スムーズ化のために必要事項>

a:営業年度

b:役員報酬の決め方

c:公告の方法

d:出資者への配当金の支払時期

e:取締役・監査役の資格

 

などがあります。定款は、1部公証人の認証用、1部登記所提出用、1部会社保管用と3部用意する必要がありますが、電子定款の場合1部でも問題ありません。

発起人全員の記名・押印が必要となります。

 

⑤定款の認証

公証人役場にて定款の認証を行います。

 

⑥資本金の振込み

定款認証が完了しましたら、出資金を金融機関(発起人の口座)に払い込みします。

 

⑦登記申請

法務局にて、登記申請を行います。この日が会社の誕生日となりますので、会社としても事業開始が可能です。

 

⑧登記完了

会社名義の銀行口座が開設可能となります。

設立後は、関係官公署への届出を行いますが、例として次の官公署があります。

a:税務署

b:都道府県税事務所

c:労働基準監督署

d:公共職業安定所〔ハローワーク〕

e:社会保険事務所

f:市町村役場等

会社の事情により届出先が変わる場合がありますので、ご注意ください。

 

(2)諸費用について

①報酬(提携司法書士の登記申請料含む)     100,000 円(税抜き)~

②公証人認証手数料              約52,000 円 

③登録免許税 ※               150,000 円~

※登録免許税は資本金の7/1000で、最低15万円です。

 

会社設立(独立・起業)して一般貨物自動車運送事業の許可取得をお考えの方は、ぜひご相談ください。

運送業のお問合せ・ご相談・ご依頼

大阪での一般貨物(トラック・コンテナ輸送など)、一般貸切(貸切バス・観光バス)の手続きをメイン業務としています。

お電話でのお問合せはこちら

06-6556-6821

エルシー行政書士事務所
受付時間 : 9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

06-6556-6821

運送業(貨物・貸切バス)