【大阪で運送業許可をとりたい】事業者さま、起業・独立をお考えの方

運送業許可申請のお悩み・不安なことはありませんか?

  • 許可が取れたら仕事はあるのに、どうやって申請したらいいのかわからない
  • 申請より、経営・営業など他のことに時間を使いたい
  • 自分で申請しようと運輸局の公示(手引き)を読んでもなかなか理解できない・・・
  • 申請の条件はそろっていると思うけど、書類作成が苦手
  • 役員の法令試験が不安

運送業の申請で悩んでいませんか?

こういったお悩みを解決したいなら許可申請のご依頼もご検討ください。費用対効果も考えて慣れた行政書士に申請依頼するのも「有り」だと思います。

当事務所はこれまでの運送業許可申請の実績からノウハウも蓄積しています。運送業の許可に向けた最短距離となる方法が見つかるかもしれません。

当事務所では、ご相談は初回無料としております。初回相談をするメリットは無料だけでなく、当事務所の行政書士は運送業のお仕事内容も理解しておりますので、申請の相談から許可後のお仕事の組み立てまでイメージがわきやすいと思います。

慣れていない申請について要件をひとつひとつご自身で検討し、必要書類を集め、申請書類にその情報を落とし込んで書類作成をしようとしても時間も日数もかかりストレスとなるでしょう。社内で申請に専念できる方がいれば良いですが、今まで関与させていただいた経験から普通はいません。

ご自身で、ひとつひとつ要件をクリアしているか検討し、申請書類を作成していくことは非常に面倒なことなのです。

新規許可申請には、クリアすべき要件として大きく、人・モノ・資金の3つがあります。

  • 案内された申請要件をクリアしているか考えるなら出来そうな気がする!
  • 案内された書類や資料なら用意できそうな気がする!

そう思われた方は一度ご相談ください。繰り返しになりますが当事務所では初回相談は無料としております。これまでの申請実績から申請要件・必要な書類や資料は、全て把握しています。

人・モノ・資金のご計画をお聞きします

どんな書類や資料が必要か打合せします

多数の相談を受けた経験から、最初から全部の要件をクリアし、必要な書類や資料をそろえるのは難しいことです。

ご相談の中でクリアできていない要件は時間をかければクリアできるのか、少し頑張ればクリアできるのか、などいろんな可能性を依頼者と一緒に探ります。当事務所の申請実績のノウハウを駆使して対応します。

 

※ご自身で申請される方のご相談には対応しておりませんので、申請先の運輸局にお聞きください。

運送業許可申請のご相談・ご依頼

お電話でのお問い合せはこちら

06-6556-6821

エルシー行政書士事務所
営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

ご相談される方の状況もさまざまです

  • 運送業を既にしている知り合いから、人・モノ・資金の要件についてある程度聞いていて用意できている方。
  • 独立・起業(会社設立)して運送業を検討しており、初回ご相談から1年以上準備をしてから申請のご依頼をくださる方
  • 軽貨物(黒ナンバー)をされていて、荷主さんから2トンや4トン車で来てほしいと言われている方
  • 利用運送をされていて、自社で一般貨物の許可を取って運営したいとお考えの方

など。

法令試験が不安な方、ご安心ください

当事務所では法令試験の対策については、申請をご依頼いただいた方には勉強会を行っています。勉強が苦手だと言われる方が多いですが、皆さんきちんと勉強して合格しています。

※近畿運輸局の合格率は、2019年11月の法令試験は非常に難しく合格率も20%くらいでした。
それ以降から合格率もおおむね60%を超えてますので真面目に勉強すれば大丈夫です。
2021年9月現在で直近3回の試験は合格率75%以上ですので、本当に真面目に勉強すれば合格できます。

当事務所の勉強会は定評があります。

など多くの喜びの声を聞き、全員合格しています。逆に勉強しなければ不合格になる可能性は高いです。

  • 「試験中、学習したフレーズがおりてきた」
  • 「合格したと思う」
  • 「満点だと思う。勉強しておいてよかった」
  • 「合格できたのは先生のおかげだと思っています」

など多くの喜びの声を聞き、全員合格しています。逆に勉強しなければ不合格になる可能性は高いです。

法令試験条文集の目次です。全部の問題について条文集を引いていると時間が絶対足りません

資金要件をクリアするのが大変という印象です

資金要件が2019年11月から厳しくなりました

2019年11月より資金の要件が厳しくなってますので、これから独立・起業(会社設立)して運送業許可取得をお考えの方は資金面がネックになっている方が多いです。

2019年11月以前に運送業の許可取得された方との会話で、「最近は運送業許可をとる人は多いですか?」と聞かれることもよくあります。

資金面の要件が厳しくなってネックになっている方が多いことを伝えますと、「今なら許可取られへんかったかも・・・、早めに取っといてよかったですわ!」とほぼ言われます。

しかし現在、建設業・軽貨物など他事業を順調に経営されている方は比較的、資金面の説明をしましても大して驚かれません。

ご自身で資金要件をお調べになった方の中には将来の日本経済における先行きが不透明だからこそ、運送業の許可をとって自社のできる事業を伸ばしたい、従業員を守るために頑張りたい、と考えて申請を依頼される経営者さまもいらっしゃいます。

 

申請でお困りの方、ご相談・ご依頼も検討ください【運送業許可申請】

運送業許可を取りたい

大阪で一般貨物自動車運送事業の許可をとりたい事業者さま、これから独立・起業(会社設立)して許可をとりたい方へ。

当事務所では、今まで積み重ねた実績とノウハウからスムーズに申請し許可取得できるように、ベストを尽くしています。

忙しいお客さまの負担は最小限にし経営・営業・いつものお仕事に専念できるようサポートをこころがけております。

面倒申請から解放されたい方は、ご依頼もご検討ください。

当事務所では運送業許可申請の初回のご相談は無料としております。運送業の申請に慣れている行政書士だからと言っていきなり「申請の依頼」と言われても抵抗があると思います。まずは初回無料相談からご連絡ください。

当事務所の紹介動画|エルシー行政書士事務所

運送業許可申請のご相談・ご依頼

お電話でのお問い合せはこちら

06-6556-6821

エルシー行政書士事務所
営業時間:9:00〜18:00
休業日:土曜・日曜・祝日

一般貨物自動車運送事業経営許可申請【当事務所の報酬額の目安】

一般貨物自動車運送事業経営許可申請 495,000円(税込み)~

登録免許税:¥120,000は別途必要です。

対応地域は大阪府内です。

一般貨物自動車運送事業経営許可申請書類作成・提出、役員さまの法令試験対策、許可後の運輸開始前確認・運輸開始届・料金設定届までを含んだ料金です。

その他実費はお客さまでご負担ください。(許可後の緑ナンバー登録費用:ナンバープレート代、印紙代、自動車税・環境性能割・重量税(掛かる場合)など)

運送業のお問合せ・ご相談・ご依頼

大阪での一般貨物(トラックなど)の許可申請、営業所・車庫の新設・移転の申請にかかわる面倒なことから解放されたい方はご依頼も検討ください。

お電話でのお問合せ

06-6556-6821

エルシー行政書士事務所
受付時間 : 9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

エルシー行政書士事務所
06-6556-6821

大阪での運送業の許可申請、営業所の新設・移転申請、車庫の新設・移転申請など許認可手続きをがメイン業務です。
面倒申請から解放されたい方はご依頼もご検討ください。
豊富な申請実績から運送会社様のお役に立てるよう、ベストを尽くしています。